ももんじ通信

宝くじ当たんないかな

ボルダリングがオタクにハマるスポーツである4つの理由

友人と人生初ボルダリングに行ってきました。

私が知っていたボルダリング ジムは御茶ノ水にある外から壁が見えるところ

pump-climbing.com

だけだったので、「あんな壁のある施設気軽にあるのか??」と思っていたのですが、調べてみると意外といっぱい。遊ぶ約束をした場所の駅近にもあったため、行ってきました。

オリパラの新競技にもなり話題にもなっているし、とにかく壁をガンガン登っていくインパクトがすごいので「やりたい!!」となったのですが、よくよく考えると全然運動もやってないし一時期は狂ったようにやっていたAYAトレも

 

AYAトレ30日チャレンジノート DVD付き 1日5分!AYAボディメソッド入門編

AYAトレ30日チャレンジノート DVD付き 1日5分!AYAボディメソッド入門編

 

「しんど……できるかこんなん!」と中断している状況。(再開しようよ)

前日になって、壁がほとんど登れずにヒーンとなってる自分を夢想していたのですが、実際行ってみたら……意外と登れるという。

壁自体は慎重の倍程度なので3メートルくらいで、難易度別の「課題」をこなしていくスタイルなのですが……当たり前ですが初心者向けの課題はホールド(掴むための岩)も大きく掴みやすいもので、まずは登る時の姿勢や順番、登る計画の立て方(オブザベーションと言うらしい)を体験できるようなものだったので、初体験での戸惑いはあるものの意外とできるぞ!!?という難易度のものが中心でコツを掴んで色々と工夫ができるようになったり、初心者ながら「あの部分が登れん……」と休みながらホールドの配置を見て考えてみたり、作戦を練った結果目標の課題をクリアできたり。

結論から言うとめっちゃくちゃ楽しかったです。

普段はほとんど意識しない自分の体の大きさ(意外とでかい)や腕の長さ(意外と長い!)、体重のバランスの掛け方、楽な体勢やそうでない形、動きやすさと安心感……。普段のトレーニングはしんど……となってしまうけれど、課題クリアの目標があるので普段見せない頑張りが出せて、結果全身を使った運動になりました。しかも、オブザベしてる人がいっぱいいるので、見栄はって無様な姿を出来るだけ避けるところもあり……。

友人と一緒に行ったので、お互い出来た課題を共有したり、相手が登っているのをみて自分の登り方を考えたり……。友人のクリアした課題をみて、自分もより難易度の高い課題にチャレンジしたりと、競争の要素もあったのも良かった!

初めて体験して思ったのですが、ボルダリングってめちゃくちゃオタク向けのスポーツだと思うんです。

  • ひたすら孤独なスポーツである

同行者はいるものの、実際課題に取り組む時はひとりで考えて、自分の気持ちのさじ加減が全てなので、完全に自分だけの世界に入ることができます。自分の体のことだけを考えている時間というのは結構心地よかった。

  • 互いに干渉しあわない

勝手なイメージなのですが、なんか団体でやるスポーツとかだと途中でだんだん一体感が生まれてきて、一緒にプレイしている人と仲良くしなきゃいけない雰囲気になると思うのですが、個人競技だからかボルダリングは全くそんなことなくて同行者がいる人はお互い話したりはしているのですが、知らん人は知らんって感じでとても良かった。

  • 課題をクリアする感覚がクエストと同じ

小さい課題をこなしていくタイプのスポーツで何かに似てるなと思ったら、これはもう完全にRPGのクエストなんですね。攻略方法考えて、それをこなしていく。出来たら次の難易度……というゲームの方式に慣れているオタクはハマりやすいだろうなと。

  • 上手い人のプレイを憚らずに見られる

1面の壁に同時に登ることができるのは1名までのため、その壁を誰かが使っている時間にはそのプレイを見ていることしか出来ないのですが、それがまた楽しい。中級〜上級の方が多かったので、まだ全然トライできない課題をやっているのをみるのもめちゃくちゃ楽しかった。同じ壁を使ってやっているので、イメージ的にはまだ自分がNOMALしかクリアできない音ゲーの曲のHARDやEXTREMEのプレイを見ているようなイメージ。ウェアも様々で、普通のジャージからガチのウェアな人、どう見ても私服の人もいて面白かった。

 

で、帰ってきて全身の筋肉痛に苛まれて思うわけです。「上手くなりたいな」と。なかなかスポーツをやってこなかった人生なので、行かない間にもできるトレーニングはやりたいなあと思い帰ってきてネットで色々と記事を探すのですが、それがまた攻略本を見ている時の感じで楽しい!ほかの人の体験談を読むだけでもそうそう……と楽しいので、やっぱりスポーツを体験するのはいいことなんだなあと思う次第なのでした。

ボルダリングジムの方もかなり力を入れてブログを書かれていたりと参考になって面白いです。

www.everfree-climbing.com

読んでトレーニングしつつ、今ある全身筋肉痛がなくなったらまた行ってこようと思います。