ももんじ通信

宝くじ当たんないかな

その山はなぜ「死の山」と呼ばれたのか(『死に山』感想)

ひとつのミステリとして興味を惹かれて購入。ソ連時代のロシアで起こった「最も不気味」な遭難事故について、50年経った現在に残った断片を掻き集めて何が分かるか?というこころみを残した書でもある。


一九五九年、冷戦下のソ連ウラル山脈で起きた遭難事故。登山チーム九名はテントから一キロ半ほども離れた場所で、この世のものとは思えない凄惨な死に様で発見された。氷点下の中で衣服をろくに着けておらず、全員が靴を履いていない。三人は頭蓋骨折などの重傷、女性メンバーの一人は舌を喪失。遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出された。最終報告書は「未知の不可抗力によって死亡」と語るのみ―。地元住民に「死に山」と名づけられ、事件から五〇年を経てもなおインターネットを席巻、われわれを翻弄しつづけるこの事件に、アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が挑む。彼が到達した驚くべき結末とは…!

現在分かる情報に基づいて整然と、「当時の登山隊の足跡」「遭難者の捜索活動の様子」「現代の筆者による取材活動」が並べられていくだけなのに、なぜこんなにもドキドキするのか。久々に一気に読み切ってしまった一冊だった。特に、登山隊の自分たちの屈託のない写真や楽しげな行程の再現は彼らの運命を思うと切なく悲しい。

読み切ってから思うと、本書の構成は確かにアメリカのドキュメンタリー映画の手法で、いくつかの時系列で引いたラインを結末にて収束させる方法には覚えがあった。ものごとの捉え方も映像的で、冬山の描写などは写真と相まって手に取るようだった。

ノンフィクションはこういった形でミステリになり得るのだと分かったことは貴重であった。結末をあえて隠して婉曲に進めるわけではなく、しっかりとラインの最終点が結末となっているのも非常に好感が持てた。

肝心の結末はといえば、悪くはないし妥当だがあっけない幕切れと言えようか。それとも、聞きようによってはトンデモなのだろうか。予期していたほど鮮やかではなく、モヤモヤとした読後感は残った。

 

死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相

死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相